被災小学校へ本を 売上金を日田市の小野小へ – 佐賀新聞

Home » 2046日田市 » 被災小学校へ本を 売上金を日田市の小野小へ – 佐賀新聞
2046日田市 コメントはまだありません



日田市小野小学校の冷川善幸校長(左)に古本市の売上金を手渡す「図書館フレンズいまり」のメンバー=伊万里市民図書館

日田市小野小学校の冷川善幸校長(左)に古本市の売上金を手渡す「図書館フレンズいまり」のメンバー=伊万里市民図書館

 伊万里市民図書館と「図書館フレンズいまり」は、11月に行った古本市の売上金5万円を、大分県日田市の小野小学校(28人)に寄付した。同校は昨年7月の九州北部豪雨で被災して図書館が使えなくなっており、本の購入費に充てる。

 同校は近くで土砂崩れが起きて孤立状態になり、現在も4キロ離れた中学校に間借りしている。小学生のための図書館はなく、本は教室などに約500冊だけ置いている。

 4日に伊万里市民図書館で贈呈式があり、冷川善幸校長(58)が来館した。冷川校長は「多くの方に支えられ、子どもたちはなんとか元気に暮らしている。皆さまの温かい心も、本を通じて子どもたちに伝わると思う」と謝辞を述べた。

 古本市には、武雄市在住のミステリー作家の竹本健治さんと作家仲間が本を提供し、竹本さんが豪雨被災地への寄付を望んでいた。



このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT