大分県豊後高田市の沖合で腐敗遺体 漁船が発見 – 西日本新聞

Home » 044大分県 » 大分県豊後高田市の沖合で腐敗遺体 漁船が発見 – 西日本新聞
044大分県 コメントはまだありません



 27日午前5時55分ごろ、大分県豊後高田市の沖合約6キロの周防灘で、操業中の漁船の船長から「漁をしていたら網に死体が入った」と110番があり、県警を通して大分海上保安部に連絡があった。大分海保によると遺体は性別不明の成人で、腐敗が進んでいる。両腕と脚の一部、下顎がなかった。防水の長ズボンをはき、上半身は裸だった。大分海保と県警が死因や身元を調べる。




こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT