ふるさとチョイス、47都道府県の “ご当地お肉”が抽選でもらえる日替わりキャンペーンを新規会員向けに開始 – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 2097豊後高田市 » ふるさとチョイス、47都道府県の “ご当地お肉”が抽選でもらえる日替わりキャンペーンを新規会員向けに開始 – PR TIMES (プレスリリース)
2097豊後高田市 コメントはまだありません



ふるさとチョイスでは、全国1,788自治体のふるさと納税に関する情報を掲載し、全国自治体の8割をカバーする1,400を超える自治体への寄附ができる日本最大級のふるさと納税総合サイトです。20万以上のお礼の品を掲載し、全国の地場産業の発展を図るため、地域産品の魅力を積極的に発信しています。本キャンペーンでは、ふるさとチョイスが網羅する全国のお礼の品の中でも人気の高いお肉をプレゼントします。
 

トラストバンクは今後も、ふるさとチョイスを通じて、地域の地場産品を紹介することで、全国の地場産業の発展を支援するともに、寄附者の方々にも日本の多様な魅力を知る機会を創造してまいります。

 
□■ キャンペーン概要 ■□

■応募期間:2018年11月15日(木)~2018年12月31日(月)

■プレゼント内容:47都道府県のご当地お肉

■応募条件:応募期間中にキャンペーンコードを入力して「ふるさとチョイス」に会員登録をした方

■キャンペーンページ:https://www.furusato-tax.jp/feature/a/member_campaign2018_meat

■キャンペーンプレゼントスケジュール:
<11/15(木)>

◆対象都道府県:沖縄県(八重瀬町)

◆対象の品:「キビまる豚 ロースステーキセット」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/47362/434852
<11/16(金)>

◆対象都道府県:鹿児島県(霧島市)

◆対象の品:「かごしま黒豚 しゃぶしゃぶセット(たれ付き)」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/46218/22419
<11/17(土)>

◆対象都道府県:宮崎県(西都市)

◆対象の品:「妻地鶏鍋セット」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/45208/4480804
<11/18(日)>

◆対象都道府県:大分県(豊後高田市)

◆対象の品:「おおいた和牛 モモステーキセット」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/44209/4439688
<11/19(月)>

◆対象都道府県:熊本県(八代市)

◆対象の品:「熊本名物 馬刺し」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/43202/351971
<11/20(火)>

◆対象都道府県:長崎県(壱岐市)

◆対象の品:「特選壱岐牛 サーロインステーキ」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/42210/244206
<11/21(水)>

◆対象都道府県:佐賀県(太良町)

◆対象の品:「美味しい霜降り 佐賀牛ステーキ」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/41441/4419521
<11/22(木)>

◆対象都道府県:福岡県(宗像市)

◆対象の品:「お米で育てたむなかた牛 塩もつ鍋セット」

◆品の詳細ページ:https://www.furusato-tax.jp/product/detail/40220/285257

※ 22日以降は、随時キャンペーンサイトにて公開予定です。

 
【株式会社トラストバンクについて】

2012年4月設立。地域に「ヒト」「モノ」「おカネ」「情報」を循環させることで持続可能な社会の実現のため、主に自治体支援サービスを提供。2012年9月、ふるさと納税総合サイト『ふるさとチョイス』を開設。同サイトは、約1億4,400万の月間PV数(2017年12月)、契約自治体1,400自治体超(2018年10月)、お礼の品登録数20万点超(2018年10月)を有する国内最大のふるさと納税総合サイトに成長。2013年9月、ふるさと納税の制度を活用したプロジェクト型課題解決支援「ガバメントクラウドファンディング®」をスタート。ふるさと納税市場におけるリーディングカンパニーとして、寄附金の「使い道」を明確にする「ガバメントクラウドファンディング®」の普及活動を積極的に展開。2014年9月には有事の際にふるさと納税制度を通じて被災地を支援できる「ふるさとチョイス災害支援」の仕組みを立ち上げ、全国すべての自治体に無償でプラットフォームを開放。この仕組みで累計約50億円(2018年11月)を超える寄附金が集まり、寄附金は寄附先である被災自治体に直接届けられ、復興・復旧に活用されている。また、自治体職員を対象にしたセミナーなどを全国で多数実施。2016年7月、都心にいながら「ふるさと」を身近に感じられる場所として「ふるさとチョイス Café」(有楽町)をオープン。




こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT