県予選 「もっと速く」思い胸に 前回最下位、大分支援男子が順位アップ /大分 – 毎日新聞

Home » 2119宇佐市 » 県予選 「もっと速く」思い胸に 前回最下位、大分支援男子が順位アップ /大分 – 毎日新聞
2119宇佐市 コメントはまだありません



 大分東明の4年連続男女アベック優勝で幕を閉じた4日にあった男子第69回、女子第30回全国高校駅伝競走大会(毎日新聞社など主催)の県予選大会。出場2回目の大分支援学校男子が前回大会よりタイムを8分23秒縮めるなど各チームとも力の限り、たすきをつないだ。選手たちの力走に沿道からは大きな声援が送られ、会場となった宇佐市安心院町は大いに沸いた。【白川徹、田畠広景】

 「もっと速くなりたい」。2時間46分2秒で完走し、前回の最下位(18位)から19校中17位に順位を…



この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1562文字)



こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT