園児こわごわ牛タッチ 日田市 搾乳やバター作りも体験 [大分県] – 西日本新聞

Home » 2046日田市 » 園児こわごわ牛タッチ 日田市 搾乳やバター作りも体験 [大分県] – 西日本新聞
2046日田市 コメントはまだありません



 日田市天神町の緑ケ丘第二幼稚園で、日田酪農組合による乳牛との触れ合い会「モーモースクール」があった。約160人の園児たちが動物の温かさを感じ、命の大切さを学んだ。

 同組合が、子どもたちが動物と触れ合う機会にしようと市内の幼稚園や保育園で開催している。18日にあったスクールには、若手酪農家たちが親牛と子牛計3頭を連れて来園。園児たちは恐る恐る手を伸ばして牛の体をなでて、乳を搾ったり、子牛にミルクを飲ませたりしていた。組合の女性たちに教わって牛乳からバターを作る体験もした。

 初めて乳搾りをした唐嶋零凰(れお)ちゃん(6)は「(牛の乳首は)ふわふわしていて気持ちよかった」とうれしそうだった。娘が同幼稚園に通っているという組合員の本川正浩さん(37)は「牛乳を飲むときや買うときに、この経験を思い出してほしい」と話した。

=2018/10/23付 西日本新聞朝刊=




こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT