消防本部職員が大麻使用 日田広域組合が処分 /大分 – 毎日新聞

Home » 2046日田市 » 消防本部職員が大麻使用 日田広域組合が処分 /大分 – 毎日新聞
2046日田市 コメントはまだありません




 日田市の日田玖珠広域消防組合は6日、消防本部警防課の熊谷紘希・消防副士長(27)=九重町在住=を懲戒免職処分にしたと発表した。5月14日に別の消防士を準公金横領(35万円)の疑いで懲戒免職にしたばかりで、綱紀粛正に取り組むなかでの不祥事再発だった。

 同組合によると、副士長は5月27日、同市天瀬町の国道で、乗用車を運転中に日田署員に止められて職務質問を受け、尿検査で大麻の陽性反応を示した。自宅捜索で大麻片も見つかり、6月14日に大麻取締法違反の疑いで書類送検された。副士長は4月に玖珠消防署から消防本部に転勤した。消防本部の事情聴取に対し「5月23日に自宅で知人と大麻を吸引した。1年前にも知らずに吸ったことがある」と認めたという。

 荒川博光消防長は陳謝し、再発防止の徹底を表明。原田啓介日田市長も「人命にかかわる消防署員の行為は決して許されない」と改めて綱紀粛正を指示した。【楢原義則】





こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT