土砂層ごと崩壊 強度低下で上部土砂もろとも – 毎日新聞

Home » 044大分県 » 土砂層ごと崩壊 強度低下で上部土砂もろとも – 毎日新聞
044大分県 コメントはまだありません



山崩れが発生したメカニズムのイメージ



 大分県中津市耶馬渓町金吉で11日未明に起きた山崩れの現場を調べた国土交通省の専門家チームは記者会見し、雨の影響がなかったとみられるのに崩れた原因について、風化して亀裂が入るなどしていた地下の岩盤が、上の分厚い土砂の層もろとも崩壊したとの見方を示した。

 上空と地上から調査したチームは「大雨で地下水が上昇し土砂の強度が低下することがあるが、何日か前に降った雨でこれだけの崩壊を引き起こすことは考えられない」と指摘。「地下の基礎となる岩盤が風化が進んで割れ目や亀裂が発達し、いつ崩れてもおかしくないくらいに強度が低下していたと考えられる」とした。

 現場では地下水も流れ出ているが「(地下水が原因の場合は)土砂がもっと長い距離に到達したり、ぬかるみになったりする。そういった状況ではなかった」としている。

 産業技術総合研究所の石塚吉浩・火山活動研究グループ長によると、一帯は火山噴出物が固まった「溶結凝灰岩」が斜面の上部に、下部に安山岩などの地層があり、その間に火山灰など軟らかい地層が挟まっている。そこは雨水で浸食されやすく崩れやすいという。

 溶結凝灰岩は縦に割れやすく、1987年には北海道・層雲峡で大崩落し、3人が死亡した。下部が崩れた後に支えを失った上部が落ちた。

 防災科学技術研究所の地すべり分布図によると、現場周辺では過去に多くの地すべりが起きたとみられる。井口隆客員研究員は「等高線の形状を見ると、今回の現場でも過去に地すべりがあった可能性が高い」と話す。【池田知広、大漉実知朗、尾形有菜】





こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT