裏山崩れ6人不明=1人の遺体発見-大分 – 時事通信

Home » 2011大分市 » 裏山崩れ6人不明=1人の遺体発見-大分 – 時事通信
2011大分市 コメントはまだありません



山が崩れて民家が土砂にのみ込まれた現場付近=11日午前、大分県中津市耶馬渓町

 11日午前3時50分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で、「裏山が崩れて民家が土砂にのみ込まれた」と119番があった。住宅4軒が被害を受け、うち3軒に住む男女6人の安否が分かっていない。自衛隊や消防などが救助活動を続け、性別不明の1人の遺体を発見した。

〔写真特集〕大分県中津市で土砂崩れ

 県警中津署などによると、裏山は幅200メートル、高さ100メートルにわたって崩れ、落石もあった。4軒のうち1軒の住民は自力で脱出したが、3軒の女性5人、男性1人と連絡が取れていない。

 市によると、安否が分からないのは、岩下アヤノさん(90)▽岩下義則さん(45)、愛子さん(76)▽江渕めぐみさん(52)、優さん(21)、橋本アヤ子さん(86)の3世帯。
 現場は中津市の中心から約25キロの山間部。市は県を通じて陸上自衛隊に救助を要請したほか、建設業協会に重機の派遣を求めた。
 現場付近は、県が土砂災害警戒区域に指定していた。気象庁によると、耶馬渓町では6~7日に計6ミリの弱い雨を観測しただけで、3月23日からまとまった雨は降っていない。
 市は11日午前8時、被害を受けた4軒を含む梶ケ原地区の8世帯19人に避難勧告を出した。(2018/04/11-13:48)


【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】




こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT