山崩落、住民6人安否不明 自衛隊に救助要請 – 産経ニュース

Home » 2038中津市 » 山崩落、住民6人安否不明 自衛隊に救助要請 – 産経ニュース
2038中津市 コメントはまだありません



ニュース


更新
sty1804110004




 大分県中津市耶馬渓町で発生した山の崩落現場=11日午前8時28分
 大分県中津市耶馬渓町で発生した山の崩落現場=11日午前8時28分

 大分県中津市耶馬渓町で山が崩落し、住宅が巻き込まれた現場=11日午前8時19分

画像を拡大する


 11日午前3時50分ごろ、大分県中津市耶馬渓町金吉で「裏山が崩落し、何軒かがのみ込まれた」と119番があった。県警中津署によると、3世帯が崩落した山の土砂に巻き込まれたとみられる。大分県中津市によると、同市の山崩落で連絡が取れなくなったのは、20~90代の男女6人で、いずれも土砂に巻き込まれた3世帯の住人とみられる。
 地元消防によると、現場の裏山は幅約100メートル、高さ約50~60メートルの範囲で崩れたとみられ、崩落現場には近寄れない状態。大分県は自衛隊に災害派遣要請したほか、中津市は現場の土砂を撤去するため、地元の建設業協会に大型の建設機械の派遣を要請した。政府は首相官邸の危機管理センターに情報連絡室を設置した。

 山が崩落し、住宅が巻き込まれた現場で救助活動する消防隊員ら=11日午前8時52分、大分県中津市耶馬渓町

画像を拡大する

 山が崩落し、住宅が巻き込まれた現場で救助活動する消防隊員ら=11日午前8時52分、大分県中津市耶馬渓町フルスクリーンで見る
閉じる


 大分地方気象台によると、11日午前4時までの24時間で0.5ミリ以上の降雨は観測されていない。現場は中津市立下郷小学校の1キロ南の山間部。中津市によると、耶馬渓町は渓谷「耶馬渓」で知られ、毎年約80万人が訪れる観光地。

 大分県中津市耶馬渓町で山が崩落し、住宅が巻き込まれた現場=11日午前8時20分

画像を拡大する


 大分県中津市耶馬渓町で山が崩落し、住宅が巻き込まれた現場=11日午前8時19分

画像を拡大する


 山の崩落現場に向かう自衛隊の車両=11日午前8時58分、大分県中津市

画像を拡大する


 安否不明者の救出活動に向かう大分県警の警察官=11日午前9時27分、大分県中津市

画像を拡大する


 大分県中津市耶馬渓町の山崩れ現場。左は災害発生前の様子(グーグル提供)、右は11日午前の航空写真

画像を拡大する







こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT