特殊詐欺:新手口、県内初逮捕 暗証番号聞き出しカード盗み引き出し … – 毎日新聞

Home » 2020別府市 » 特殊詐欺:新手口、県内初逮捕 暗証番号聞き出しカード盗み引き出し … – 毎日新聞
2020別府市 コメントはまだありません




 別府市の女性(81)がキャッシュカードを盗まれた上、口座から現金200万円を引き出された事件で、別府署は3日、新潟県新発田市、飲食店員、田辺優司容疑者(26)を窃盗容疑で逮捕した。県警によると、同様の手口の被害は今回の事件を含め県内で3件、被害額は約400万円。特殊詐欺に窃盗を組み合わせた新たな手口による逮捕は県内初。いずれも高齢の女性が被害を受けているだけに、県警生活安全企画課は「許せない事件。被害を防ぐために、暗証番号などの個人情報は絶対に言わないように徹底してほしい」と呼びかける。

 逮捕容疑は3月22日午後2時半ごろ、氏名不詳者らと共謀して、女性宅に警察官を名乗る男が「詐欺グループを捕まえた。あなたの口座から現金が引き出された。口座を止めるので暗証番号を教えて」と電話。午後4時半ごろに田辺容疑者が女性宅を訪れて、キャッシュカードを盗んだとしている。

 警察官を装った田辺容疑者は「封筒にキャッシュカードを入れて」と指示した上で、「しっかり管理するため、封に判子を押すことが必要だ」と告げた。女性は準備された封筒にキャッシュカード2枚を入れた。

 翌23日、女性が封筒の中を見ると、キャッシュカードが入っておらず、口座から複数回にわたり計200万円引き出されていた。県警は女性が印鑑を取るために目を離した隙(すき)に、田辺容疑者が空の封筒にすり替えたとみている。【田畠広景】





こんな記事もよく読まれています



LEAVE A COMMENT